あらゆる年齢・性別・職業の人が挑戦できるワークスタイル②

あらゆる年齢・性別・職業の人が挑戦できるワークスタイル②

①では、音楽活動をしながら生活基盤としての収入を稼ぐ私のワークスタイルをご紹介しました。

次に、在宅翻訳アカデミーで知り合った人たちのワークスタイルを見てみましょう。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

主婦として育児と家事をこなしながら、将来のための資金を貯めるワークスタイル

在宅翻訳アカデミーの受講生飲み会で知り合ったY美さん。年齢は私と変わらないのに、結婚して子供を育てている、ミュージシャン崩れの私などとは比べ物にならないくらいちゃんとした奥様ですw

育児が落ち着き、将来のための資金について考え始める

彼女も昔は英語に関わる仕事をしたかったそうですが、希望していた留学もかなわず、結局普通に就職して職場結婚。子供が生まれてからしばらくは子育てで大変で何も考える余裕はなかったそうですが、ある程度大きくなってきて以前ほど手がかからなくなってきたため、将来のことなどを考え始めたそうです。

今の生活に不満はないし幸せだけれども、現在の夫の給料では、子供の学費とか老後のための資金のことなどを考えると専業主婦のままでい続けるのはとても無理。

年金もいくら出るのか、そもそも本当に出るのかも分からないし、子供の進路によっては学費もかなりの額がかかる可能性もあります。

なにより、Y美さんは自分が留学したくてもできなかったこともあり、もし自分の子供が留学したいと言ってきたらどうしてもさせてあげたかったのです。

育児・家事の合間に月10万を稼ぐには最適なスタイル

そんな中、在宅翻訳アカデミーの話を聞いたY美さん。憧れていた英語に関わる仕事というのでもうれしかったのですが、パートなどと比べて在宅でもでき、なおかつ稼げる仕事は他に無かったといいます。

確かに子供が家にいるときはどこかに預けないと働きに行けませんし、その他に家事などもこなさなくてはならないのですから、現実問題として主婦が月に10万稼ぐのは、けっこう大変です。

逆に、月10万の副収入があれば将来への貯蓄としても十分です。生活に安定感が出ますし、たまにですが旦那さんが子供を見てくれるときは友達とちょっと豪華なランチを楽しむ余裕まで出てきたようです。

主婦には特におすすめしたいと語るY美さん

自分の経験を踏まえ、同じ主婦の人には特に在宅翻訳アカデミーをおすすめしたいと語るY美さん。

翻訳家という仕事のワークスタイルが主婦にもぴったりなのはもちろんのこと、翻訳家になる過程としての在宅翻訳アカデミーのカリキュラムが、1日1時間×40日~60日程度で済むというのも主婦にはありがたいポイントだったとか。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ TOPページを見る